ギター

PLAY MUSIC

ギターの保存はハードケースの用意が大事に

ギターを買って練習を始めたはいいが置き場をどこにするかで悩む人も多い事でしょう。
多くの人は専用のスタンドを別途購入し、弾かない時はそこに立て掛けておくケースが多くなります。
また部屋内にそういったスペースも無い場合、直接部屋の壁にネック部分を掛けられる様な器具も販売されており、それを利用する人もいます。
ですが日本の高温多湿な気候自体がデリケートな材で作られたギターに合わないという根本的な問題があり、長くこの楽器を楽しんでゆくにはこの問題を真っ先に解決する必要が出てきます。
資金に余裕のある人であれば1年中温湿度管理が可能な専用の保管室を設けそこに保存するという方法が取れるのですが、そう多くの資金を掛けられる人はいないというのが現実です。
一番手っ取り早い方法としては、しっかりと密封可能なハードケースを別途購入しその中に保存するというやり方が大変便利です。
長く弾かない時の片付けも大変楽ですし、結果的にギターも大変長持ちするのです。

ギターってどんな楽器??

みなさんも一度は見たり聴いたりしたことがあるのではないでしょうか。
ギターとは基本的にネックという場所に張ってある弦を押さえて、ピックという爪のようなもので弾く弦楽器です。
種類としてはアコースティックやアンプというスピーカーから音をだすエレキといったものがあります。
ギターにはたくさんの奏法があります。
例えばコードという複数の音をジャカジャカ弾いたり、アルペジオといってコードを低い音から順番に弾いたり、メロディーと伴奏を同時に弾くソロというものなどがあります。
このほかにもたくさんありますが挙げればきりがないのでここでは割愛させていただきます。
多くの奏法がある分いろいろな表現ができてしまうのが他の楽器との違いではないでしょうか。
時には優しい丸い音色を出したり、ロックなどでガツンとした音を出したり、同じ楽器なのにたくさんの雰囲気を作り出すことができます。
なのでギターは非常に魅力的な楽器の一つではないでしょうか。

おすすめWEBサイト 5選

2016/10/17 更新